ケヤキ 雲龍彫刻

0
    photo.jpg
    播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん龍の手にウロコをヒマを見つけて細工して行きます、見た方が気持ちが悪いと口にしたら、よほどの仕上がりと言ことに成りますね、慌てず騒がず焦らず、無の状態の時だけノミを持ちます、急がば回れですよ。

    ハナミズキの花

    0
      photo.jpg
      播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん車の運転をしていると道端に意外とハナミズキの花が咲いている、白とピンクの花を良く見かけます、写真奥のがお店のハナミズキです、今年も綺麗に咲きました

      佐用の芝桜

      0
        photo.jpg
        実家(佐用)の近くの智頭線の線路脇が今、芝桜が満開でとっても綺麗です。

        撮り鉄さんならスーパーはくととのコラボ写真たまらないでしょうね!


        催し

        0
          photo.jpg
          播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん先日、播州赤穂ふるさと創生機構設立が無事承認されましたよ、此れから少しずつ、ふるさと播州赤穂にとって良い方向に向かって進んで行くでしょう、写真右の花、甚五郎作、備前焼の窯に野山の花をあしらってみなの心もさぞかし和んだ事でしょう、影日向と成りさりげなく支えてあげたい、写真は播州赤穂浜すき唄の方です、素晴らしい味が有る心に残る催しでした。

          お花のプレゼント

          0
            photo.jpg
            播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん今日は待ちに待った播州赤穂ふるさと創生機構設立の式典日です、播州赤穂にとって大変喜ばしい日となる事でしょう、
            おいおいマスコミが報道とうで話題になって行く事でしょう、播州赤穂忠臣蔵復活、、、。甚五郎さんも、総会で22名の一員として故郷播州赤穂の為に恩返しをしたい、議決権を有す立ちばで播州赤穂を創生して参ります、写真はお祝いのお花です、今から壺に飾って参ります。

            尺八朝練

            0
              photo.jpg
              播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん先日有る方から尺八練習のアドバイスと古典本曲の 音頭譜面、ねとりと呼びます、写真右側です、古典本曲をする上で誰もが通る道、音頭を学び、次にほんしらべ、それから、古典本曲えと、練習の課題は浜千鳥を
              玉音で奏でる練習とか、甚五郎さん出来ました、下手ですが、わざとゆっくり奏でる練習とか色々アドバイス頂き感謝です、確実に尺八の腕は上達して居ますね、甚五郎さんが知りたいのは、何故尺八文化衰退なのかです、大分見えて来ましたよ、古典本曲の音色や技には、頭が下がります、素晴らしいの一言です。

              尺八袋に名と印を

              0
                photo.jpg
                播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さんやっと尺八袋に流派の発氣流とみぎり甚五郎の名と甚五郎手作りの石の印鑑、大愚甚五郎の印を尺八袋に、因みに大愚は日本語に訳すと おお愚か者と成ります。皆さんがご存知のお地蔵さんも大愚を名乗っておられますね。

                小盆栽

                0
                  photo.jpg
                  播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん、昨年ある方が来られるのでお持て成しにと買い求めた、みやこ忘れと風知草、先日枯れた昨年の葉を取り除いて様子見して居ましたが何とか元気に今年も咲きそうですね、楽しみがまた一つ出来ました。

                  ケヤキ雲龍彫刻

                  0
                    photo.jpg
                    播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん、気が向いた時に頭の中を空っぽにして、作品の前に腰掛けたら、身体が手が勝手に作品を仕上げて居ますね、木に逆らわず、邪念を捨て思うがままにですよ。
                    その内完成しますよ。

                    雲龍彫刻

                    0
                      photo.jpg
                      播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん時間の合間に彫刻を、今回は、日光東照宮の国宝眠り猫の技法をちょっとだけ意識して完成させて行きます、手足は作品に動きを表現できるポイントですね、完成が楽しみです。年内に。

                      | 1/181PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      SEO

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM