氷が張ってますね

0
    photo.jpg
    播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん、お刺身の飾りに気が向いたら天然はらんを鶴に包丁で細工してお出しして居ます、最近はらん切りをする職人さんもごくごくわずかになって来ましたね、さり気なくお持て成しを、日本料理の目で楽しむですね、五感を楽しんでこそ日本料理の本来の姿ですね。小庭の石の上の皿に枯れ葉が凍りついてましたよ、風邪などひかぬように。

    焦るなよ

    0
      photo.jpg
      播州赤穂お食事処料理茶屋生島 、写真の作品は彫刻家みぎり甚五郎作品です。焦るなよ、尺八で春の海を、ザックリ言って曲の流れは最初が穏やか、次は激しく、最後は最初と同じ、甚五郎今年に入って尺八を本格的に初めて春の海の最初と最後がゆっくりだが奏でられている、評価は甚五郎自身、取り敢えず山場をわかる所から攻めて行来ますか、古典本曲が待って居ますからね。

      尺八 春の海譜面

      0
        photo.jpg
        播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎譜面とにらめっこ、尺八楽譜の読み方は上達する上で重要な難関ですね、カセットテープ音だけでは、それにしても、昔の人は凄いなー、此れを編み出したのだから、しかし甚五郎、今は亡き 香川一朝作 の竹管尺八を大橋鯛山さんが選んで下さったからには春の海を吹きますぞ、最初の曲が春の海とは恐れ入りました。
        完成したら、長い尺八で古典本曲の一つや二つ三つ四つは、出来ない時が一番楽しい時かもね。

        春の海の尺八の音色⁉️

        0
          photo.jpg
          播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん、何度も吹いても音程がお手本テープと違う⁉️練習し過ぎて譜面の落とし穴が見えなかったが 、 そうゆう事か成る程な
          一匹狼の辛いとこやな、自分で間違いを見つけるのに時間がかかるなー。

          悩んで居ます、何を?

          0
            photo.jpg
            播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎、悩んで居ます、何を⁉️実はね 尺八の歌口の琴古流か都山流か本来の竹尺八の音色又甚五郎に合うのはいったいどっちなの ?が一つ、二尺五寸の長さでは吹いて居たら肩がこるとの事、甚五郎は鼻の下は長いが、あいにく手は短い、尺八の極限にやるからには挑戦したいし、一寸短いのも癪に触るし、音質、音量、音域、ハッキリ言って分からん、小梅ちゃんに内緒で尺八、春の海用で一尺六寸と、二尺五寸の尺八を手に入れたい、この間は念願の竹の一尺八寸が夢叶いあー大橋鯛山さん甚五郎の夢叶えてケロ。やるからにはトコトンやるぞ、後世に尺八の文化を伝えたい、俺がやらにゃ誰がやる、発氣流 みぎり甚五郎。

            大吟醸袋吊し斗瓶囲い大義

            0
              photo.jpg
              播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん地元奥藤 酒造さんの大吟醸袋吊し斗瓶囲い 大義 お店に出す前にお味見をさせて頂きます。
              カキに合う白ワインもお味見を、もう大変です、因みにカキに合う白ワインはシャブリが一番合いますよ。

              漆喰塀のお遊び

              0
                photo.jpg
                播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さんの塀のお遊び、テーマは満月の夜。竹の格子にシユウロ縄で飾り結びをし内側に元気なランタナの花を植え竹の格子から垂らします、夏が綺麗ですね。


                二寸五寸尺八の音色

                0
                  photo.jpg
                  播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん有る方いわく日本古来の竹の尺八の音色は二尺五寸の尺八に有りと、又こうも言われている古典本曲が尺八の真髄なり共。
                  発氣流 みぎり甚五郎いつの日か日本古来の竹のニ尺五寸尺八を後世に伝えたいな。頑張る、ダメで元々。

                  春の海六寸管尺八楽譜

                  0
                    photo.jpg
                    播州赤穂お食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん最初に尺八楽譜を見た時に、なんじゃこれはでしたが、色々調べたり教えて頂いたりで、予想以上の成長具合ですよ、先日は二尺五寸管の尺八を聞かせて頂き又甚五郎さんも吹かせて頂きました、右手の指がやっとこさ届く感じの長さです、日本古来の竹尺八の音色を初めて経験させて頂き感謝です、凄い。

                    尺八 一尺六寸管 七孔

                    0
                      photo.jpg
                      播州赤穂坂越浦のお食事処料理茶屋生島のみぎり甚五郎さん大変嬉しい事が有りました、実はある方から春の海の音色は六寸管でないと出ないと言われ、一度吹いてみたいと、、、。今日ある方から6寸管の尺八を頂きました、この歳になって子供見たいにはしゃぐ自分は一体何なんだろう?写真で二寸短い尺八が手に入りました、有難う頑張ります。

                      << | 2/177PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      SEO

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM